すし遊館のこだわり

米 KOME
鮪 MAGURO
薬味 YAKUMI

シャリへのこだわり

人肌のシャリが旨さの決め手。岡山県産朝日米を人肌の温度で提供していきます。

人の体温は36度です。人肌のシャリはこの36度、プラスマイナス1度の温度とします。
この人肌のシャリがすし遊館の江戸前にぎりの旨さの秘訣です。

当店でシャリとして使っているお米は岡山県産朝日米です。
この朝日米は品種改良をしていない脂の乗った硬質米のご当地米です。

年間日照量の多い晴れの国の岡山県。その岡山県の太陽をしっかり浴びています。
そのため大粒で歯ごたえが良く、ほのかな香りは噛むたびに味わいが増すため、お寿司のシャリには最適です。

口に入れるとハラリと散り、ネタと渾然一体となって喉元を通り過ぎる、極上のシャリこそが本物。

こだわりの「木村式自然栽培米」使用。

「奇跡のりんご」木村秋則氏の提唱する無肥料・無農薬・無除草剤による「自然栽培」によって生産されたお米の事です。

お米本来の生きる力を最大限に引き出し、肥料も農薬も使わないありのままの栽培方法によって生産されたお米です。そのため収量は一般の栽培よりも少なく、契約栽培によって栽培される貴重なお米と言えます。全国大手の百貨店でも究極の安心・安全のお米として取り扱いをされています。

当社代表の髙橋は木村秋則氏の著書を手にする機会に恵まれました。そして、氏の提唱する『自然栽培』に深く感銘を受け、木村秋則氏の指導のもと2009年より岡山県の「朝日米」を生産しています。2015年11月現在110戸の農家により70haにわたり生産し、毎年生産量は150%増で推移しています。岡山県では、「NPO法人木村式自然栽培実行委員会」により、「木村式自然栽培米」の生産を全国に先駆けて取り組んでおり、先進事例として全国へその取り組みや栽培方法を提供しています。

すし遊館では、2014年度米より3店舗(西大寺店・新倉敷店・宇野店)で「木村式自然栽培米」の使用を開始、2015年度米より高梁店・善通寺店を追加した岡山県・香川県内の全5店にて使用できることとなりました。

まぐろへのこだわり

すし遊館でご提供する本まぐろは創業明治39年築地市場の老舗まぐろ問屋「やま吉」より直送されています。
まぐろ一本買いにこだわりることで、部分毎に仕入れるよりお手頃な価格でご提供させていただいています。
また、様々な部位を味わうことができるのも特徴です。本まぐろ全体の2割くらいしかとれない大トロの他、普通では仕入れることのできない希少部位もご提供させていただいております。本まぐろ一本買いだからこそ提供できる一皿が、すし遊館の自慢であり、こだわりです。

山葵へのこだわり

わさびは寿司の味全体を引き立てる大事な仲立ち役。
色と香り、辛さと甘さが絶妙のバランスで寿司の味全体を決めるわさびにも、決して妥協することなく、手間ひまかけてお届けします。

醤油へのこだわり

米だけをたっぷり使った無添加純米酢は、自然発酵による、米本来の自然な甘味と酵母独特の風味。
そして寿司の味を最大限に生かす醤油は、すし遊館オリジナルの無添加すし醤油です。

すし遊館「3つの約束」

すし遊館のこだわり「3つの約束」

  • 携帯電話で事前予約
  • YOUTUBE
  • すし遊館店舗案内
  • スタッフの声
  • すし遊館メニューご紹介
  • すし遊館のこだわり